銀行・クレカ・ポイント・保険に詳しくなろう~ドラゴンコインのマネブロ

職場の人からの強い要請により解説しました。仕事の合間を縫ってぼちぼち始めます。

元祖VISAデビット

ドラゴンコインです。

いつも見てくれるあなたのことが大好きです。

さて、前回の記事で、新生銀行には18歳の壁があり、高校生の私は口座を開設出来なかったという話をしました。

その代わりに作ったのが、「イーバンク銀行」(現在の楽天銀行)でした。

イーバンク銀行は当時数少ないネット銀行のひとつで、有名どころとしてヤフオク出品者が取引によく使っていた「ジャパンネット銀行」がありました。しかしこちらは「口座維持手数料」を徴収する銀行だったので、手数料の惜しい私には向きませんでした。

(2018年1月現在、口座維持手数料は廃止されています。)

さらにイーバンク銀行は、セブンイレブンイトーヨーカドーに設置された「アイワイバンク」ATMの手数料が無制限ゼロ円ということも、新生銀行を選べない私にとって渡りに船なサービスでした。(こちらも現在は廃止されています。)

更に凄かったのは、イーバンク銀行も日本で初めてとなる銀行サービスを開始しました。

それがタイトルにある「VISAデビット」です。

VISAデビットとは、世界のVISA加盟店でお買い物ができるのに、使ったお金は保有口座から即座に引き落とされるという、画期的な機能のことです。ようはムダ遣いしないってこと。

しかしこのVISAデビット、つい最近まで他所の銀行は全然やりませんでした。

理由はやはり、日本のキャッシュカードには既に「J-Debit」という機能が付帯していたことが原因かと思われます。

支払い時に「デビットカードで」と伝え、銀行のキャッシュカードを渡します。そして渡したキャッシュカードの暗証番号を入力すれば決済完了。払ったお金は口座から即座に引き落とされ、手数料もかかりません。

こんなに便利なのに、使っている人が意外と少ない気がします。

これは憶測ですが、恐らく「自分のキャッシュカードにそんな機能があるなんて知らなかった!」という理由がほとんどではないでしょうか。

デビットカード機能は知らず知らずのうちにあなたのキャッシュカードに備わっています。

http://jdebit.jp/s/bank/

どうですか、この加盟金融機関の多さ。そしてそれに比例しない利用者の少なさ。

私がかつて利用していた武蔵野銀行も加盟しています。

知っているか知らないかで、1日あたり216円も損してますよ!

話を戻しまして、イーバンク銀行ですが、楽天と業務提携をするにあたりとんでもない制度変更をします。

それが前述のセブン銀行ATM手数料無料の廃止です。

私は別に楽天銀行批判をしたいわけではありません。

キャッシュカードにいつのまにかデビット機能が搭載されていたのと同じで、銀行の制度もいつのまにか変わることがあることをお伝えしたいのです。

このように、制度やサービスは銀行やカード会社の都合でコロコロ変わります。

なので皆さん、今ある銀行をよく知らないままずっと使い続けるのは非常に危険です。

このブログは閉鎖されない限りずっと残していくつもりですが、時々でいいのでGoogleなどで「昔はなんて名前の銀行だったのか」「昔発行していたクレカはどうだったのか」を検索し、常にアンテナを高くしておいて下さい。

私が投稿した記事も、来年にはひっくり返っている可能性があります。(というか絶対変わります。)

自己紹介にしては長い文章でしたが、このブログではみなさんのアンテナを少しでも高い位置に置いてもらえるよう、試行錯誤して書いていきたいと思います。

それでは、改めてよろしくお願いします。