銀行・クレカ・ポイント・保険に詳しくなろう~ドラゴンコインのマネブロ

職場の人からの強い要請により解説しました。仕事の合間を縫ってぼちぼち始めます。

NISAとつみたてNISAって何が違うの?そもそも株って何? - その4

ドラゴンコインです。その4に入ってもつみたてNISAの話が出来ず、すみません。

今回はいよいよ本題に入れそうです。

 

さて、前回のお話において「NISAには一定のルールがある」と言いました。

今回はそのルールについてざっくり説明します。

 

1. NISAで買えるカブは1年につき120万円まで!

2. NISAで買ったカブのうち、税金がかからないのは過去に買ったものと合算して600万円まで!

3. NISAで買ったカブを持ち続けられるのは5年間まで

4.NISAで買えるお店(=証券会社)は一人ひとつまで!

 

上のなかで一番重要なのは4でしょうか。

野村さんのお店でNISAを利用した人は、野村さんで買ったNISAカブを売らない限り楽天のお店でNISAを利用することはできません

なので最初のお店選びがとても重要になります。

 

さて、続いてつみたてNISAです。

「つみたてNISA」は2018年1月から始まった、新しいNISAです。

売ったお金のうち20パーセントが税金として取られないのは現行NISAと同じですが、若干ルールが違います。

 

1. つみたてNISAではカブを買えない

2. つみたてNISAで買えるのは1年につき40万円まで!

3. つみたてNISAで買ったカブのうち、税金がかからないのは過去に買ったものと合算して800万円まで!
4. つみたてNISAで買ったカブを持ち続けられるのは20年間まで!
5. つみたてNISAで買えるお店(=証券会社)は、現行NISAと合わせて一人ひとつまで

 

5について補足します。

野村さんのお店で現行NISAを利用している場合、そのNISAカブを売らない限り野村さんのお店同士であってもつみたてNISAを始めることはできない、という事です。(逆もまたしかり。)

既にNISAをやっている人は、保有しているNISAカブを全て売却する必要があるのことをお忘れなく。

 

そしてNISAとつみたてNISAで最も大きな違いがありますね。それは、「1. つみたてNISAではカブを買えない!」です。

 

さて、今までカブの話ばかりしていましたが、そろそろカブ以外の話に移りましょう。

 

次回は「そもそも野村さんたちのお店で何が買えるの?」について話そうと思います。

それでは、また。

NISAとつみたてNISAって何が違うの?そもそも株って何? - その3

こんにちは。ドラゴンコインです。

 

前回のラストで出したクイズの答え合わせからいきましょう。

問題「カブを実際に作っている人と、カブを実際に買う人のことをなんと言うでしょうか?」

それでは正解です。

 

実際にカブを作っている人は「株式会社

実際にカブを買っている人の事を「株主」と言います。

 はい、どれも聞いたことのある言葉ですよね。

ちなみに、カブなどの売買益で生活している人を「投資家」と言ったりします。

 

株主も株式会社も、カブを売り買いするときに証券会社を通し、証券取引所に出す事でカブの売買をします。(取引所に出さずにカブを売り買いする方法もあるのですが、今回の説明では省きます。)

これらをひっくるめて「株式市場」なんて言い方をします。

 

さて、カブの話はこの辺にして……。

そろそろ本題のNISAの話をします。

 

NISAというのはカブの売買における、我が国の制度のことです。

NISAを漢字に直すと「少額投資非課税制度」と言うのですが、難しいので覚えなくて良いです。

 

その1でも説明しましたが、値上がりしたカブを売ると、売った金額の約20パーセントが税金として取られます。

100,000円のカブが120,000円に値上がりしても、儲けた20,000円から20パーセントが引かれますので、4,000円が国に持って行かれ、自分の取り分は16,000円まで下がります。

カブで儲けるには1000万円単位でカブを買える大金持ちでないと儲かりにくい仕組みでした。

 

しかし最近はデフレの影響で、みんながモノを買うのを控えるようになり、そのせいで会社にお金が入って来ず、大きい会社も次々倒産するようになりました。

そこで日本政府が考えたのがNISAです。

簡単に言うと、「NISAを利用してカブを買ってくれたら、売った時に払わなきゃいけない20パーセントの税金は取りませんよ〜。」と言うものです。 

上の例で言えば、20,000円のもうけがそのままあなたのものになる、と言うことです。

 そうすることによって、あまり大金を使わなくてもそこそこの利益を得られるだろう、そしたらみんなが少しずつ贅沢するようになって、国に税金がいっぱい入るだろう。そう政府は考えました。

 

もちろん、カブの売り買いを全部NISAにされてしまうと、国は税金を取る事が出来なくなってしまいますよね。

そのため、NISAを利用するためには一定のルールがあります。

 

 

ちょっと長くなりましたので、今回はここまで。

次回の更新をお待ち下さい。

NISAとつみたてNISAって何が違うの?そもそも株って何? - その2

こんにちは。ドラゴンコインです。

前回、私の名前の由来を話しましたが、投稿記事の編集中、ディズニーが「ドラゴンコイン」なる仮想通貨を発行するかも?というニュースを見かけました。 ドラゴンコインが発行となれば、勘違いして私のサイトを訪れる人がきっと大量に現れるでしょう。

当サイトは当面仮想通貨やミッキーマウスについての記事は書かないのでご容赦下さい。(でも、ミッキーの話はクレジットカードの記事で話すかもしれません)

 

さて、前回の記事を読んで頂けたでしょうか。

dc.hatenadiary.jp

 

これを読んで「カブを買いたい!」と思った方がいらっしゃれば嬉しいです。
今回はそんな方のために「カブはどうやって買うのか」について説明します。
初心者向けですので、複雑すぎるルールは省くようにしています。「そうは言ってもまるっきり違う!」と思ったトレーダーの方は是非ご指摘願います。

 

さて、ハナシをカブに戻しますが、カブはいつ・どこで・誰から買うのかについて説明します。ちょっと専門用語が増えますが、今後のハナシをする上で必要なので頑張って覚えて下さい。

 

どうぶつの森の世界でカブを手に入れるには、「毎週日曜日の午前中」「カブリバさんという名前のカブ売りのおばさん」から手に入れるができます。

f:id:nkdracoin:20180203131802j:plain

(日曜の午前中にどうぶつの森をやらない人にとって、はじめましてかもしれません)

現実世界のカブも買える時間が決まっていて、買える時間は平日の午前9時から11時30分の間・午後12時30分から3時の間です。

どうぶつの森と違って、日曜に買うことはできません。)

次に、誰からカブを手に入れるのかについてです。

現実世界では、野村さんやダイワさんなど老舗のお店や、ミキタニさんが始めた楽天という名前の新しいお店など、いろんな会社があります。

カブを手に入れるために私たちのお手伝いをしてくれるお店のことを、難しい言葉で「証券会社」といいます。

さっき出た名前はそれぞれ野村證券」「大和証券」「楽天証券のことです。

難しくなるのが嫌なので、このサイトで「野村さんのお店」と言ったら「野村證券」のことだと思って下さい。

野村さんのお店の人は、カブを売っている場所に行って、そのときの値段でカブを買付けてくれます。

野村さんたちがカブの買付けに行っている場所ことを、難しい言葉で「証券取引所」と言います。

証券取引所は国内外にいっぱいあり、日本だけでも複数あります。日本で一番取引が行われている証券取引所東京証券取引所です。東京証券取引所のことを、略して「東証(とうしょう)」と言います。この東京証券取引所は「東証一部」と「東証二部」に分かれており、人が多く集まるのは「東証一部」の方です。多くの人が集まると言うことは、カブの作り手にとっても買ってくれるチャンスが広がると言うことです。ですので、カブをもっともっと多く売りたいと思っている作り手たちにとって「一部上場」はひとつの目標だったりします。

(どれも経済ニュースで聞いたことのあるワードだと思います)

さて、ここまでカブの買付けをしてくれるお店と、カブを売っている場所が出ました。では、カブを実際に作っている人と、カブを実際に買う人のことをなんと言うでしょうか?これもきっと、聞いたことのある言葉ですよ。

 

 

――専門用語ばかりでちょっと疲れてきたと思いますので、今回はここまで!続きは次回お話しします。

NISAとつみたてNISAって何が違うの?そもそも株って何? - その1

みなさんこんにちは。ドラゴンコインと申します。
ちなみにドラゴンコインという名前は任天堂の「スーパーマリオワールド」というゲームに登場する、「ヨッシー」の絵柄が描かれたコインが元ネタです。

ドラゴンコイン (スーパーマリオワールド) - のほほん堂

のほほん堂さんの、アイロンビーズを紹介してらっしゃるページです。めっちゃ欲しい…。

1ステージに必ず5枚隠されており、全て集めるとマリオの人数が1増えます。
この名前は、任天堂の「大乱闘スマッシュブラザーズDX」というゲームの掲示板に投稿するときのハンドルネーム(偽名)として使っていました。
他の投稿者と名前がかぶりにくく、任天堂に関係する名前のアイテムやキャラの中で、知る人ぞ知る名前(「マリオ」「1UPキノコ」みたいな、任天堂から取ったとすぐには分からない名前)を考えた結果、最も語呂が良かったので、2001年のインターネット初投稿以来ジャンルを問わずネットの名義入力にはずっとこの名前を利用しています。

速報スマブラ拳!! : アンケート集計拳!!

当時の投稿が残ってました。当時はコメントくれてめっちゃ嬉しかったけど、今見ると痛いですね……。

当ブログにてゲームの話はしない方針ですが、ドラゴンコインのように皆さんにとっての1UPアイテムになれるよう努力して参りたいと思います。

 

お後がよろしいようで、いよいよマネーブログらしい話をしようと思います。昔話は書くことがなくなったときに不定期に投稿します。

予定ではメガバンク3行の特徴と今後の予想について書こうと思っていたのですが、ちょうど職場の人に「NISAとつみたてNISAの違いが分からない」という質問を受けたので、この場を借りてものっすごく簡単に説明します。

 

まず、NISAとは何か。
今までは……
野村さんのお店で100円の株を売ると、20円の税金がかかります
NISAだと……
野村さんのお店で同じ100円の株を売っても、20円の税金はかかりません

――これがNISAです。
本当はこれで説明が全て終わってしまうのですが、そもそも株なんて買ったことがない人にとっては、全てがちんぷんかんぷんだと思います。


さて、そもそもなんで今まで世の中のお金持ちは、20円の税金を払ってカブを買っていたのでしょうか?
そこで、この講座における「カブ」の仕組みについて説明します。

分からない人向けの記事なので、説明をあえて省いているところがあります。ご容赦下さい。

 

よくわかる「カブ」のお話(どうぶつの森風)
「株」と聞くと難しい話に聞こえますが、実は任天堂の大人気ゲーム「どうぶつの森」シリーズにもこの「株」に似た仕組みを持つアイテムがあります。それが「カブ」です。ゲーム記事ではないので、そっちを知りたい方は「カブリバ」で検索して下さい。

仕組みがすごく似ていて分かり易いので、できる限りどうぶつの森の「カブ」をベースに話したいと思います。どうぶつの森でカブを買ったことのある人は、それを思い出しながら聞いてくれると、より分かり易く感じると思います。

さて本題です。
カブはカブでも、どうぶつの森の世界ではカブリバさん、こっちの世界では野村さんやダイワさんなどのお店で買えるカブは、自分が食べるために買うものではありません。

「このカブはものすごく良いものだから、きっと将来は今より価値が上がるだろう…。よし、それなら値段の安い今のうちに買っておこう。そしたら将来みんなこのカブを欲しがるようになって、今より高い値段で売ろうとしても、きっと買う人が現れるはずだ……!」

そう考えた人が、カブを大量に買い、将来値上がりしたカブを他の人に売ることによって、買ったときよりも多くのお金(難しい言葉で「売買益」と言います)をもらっています。

この売買益を得ようと多くの人がカブを買おうとするのですが、現実はそう簡単にはいきません。

カブというものは大変やっかいなもので、今日100円で買ったカブが、明日には120円にまで上がることがあれば、反対に80円にまで値下がりして損をしてしまうこともあります。
さらにいうと、100円で買ったカブの価値がものすごく下がり(難しい言葉で「暴落」と言います)、最終的には誰にも買ってもらえず、お金が1円も戻ってこなくなってしまう、なんてこともあります。(新聞や専門雑誌などでは、よく「紙くずになる」なんて言い方をします)

カブを買うには、そのカブの価値が実際に売り買いされている値段と比べて釣り合っているのか(暴落の危険はないか)、あるいはお金が戻ってこなくなったしても生活に困らない範囲(難しい言葉で「余裕資金」と言います)でカブを買えるか、そこを十分に考えて行う必要があります。

 

簡単にまとめます。

1.カブは食べるものではなく、売った時の売買益を得るために買うもの

2.100円で買ったものが120円に上がれば嬉しいけど、現実には80円に下がったり、値段が暴落して、最悪の場合売れなくなってしまうこともある

3.カブを買う前に、そのカブが本当に価値のあるものなのかを考えることと、万が一売り物にならずお金が戻ってこなくなることを想定し、あくまで余裕資金の範囲内で買えるか考える必要がある

 


ここまでで質問はありますか?あれば下のコメント欄にお願いします。(分からない人向けの記事なので、説明をあえて省いているところや現実の株式市場と異なる点があります。その点だけご容赦下さい。)

元祖VISAデビット

ドラゴンコインです。

いつも見てくれるあなたのことが大好きです。

さて、前回の記事で、新生銀行には18歳の壁があり、高校生の私は口座を開設出来なかったという話をしました。

その代わりに作ったのが、「イーバンク銀行」(現在の楽天銀行)でした。

イーバンク銀行は当時数少ないネット銀行のひとつで、有名どころとしてヤフオク出品者が取引によく使っていた「ジャパンネット銀行」がありました。しかしこちらは「口座維持手数料」を徴収する銀行だったので、手数料の惜しい私には向きませんでした。

(2018年1月現在、口座維持手数料は廃止されています。)

さらにイーバンク銀行は、セブンイレブンイトーヨーカドーに設置された「アイワイバンク」ATMの手数料が無制限ゼロ円ということも、新生銀行を選べない私にとって渡りに船なサービスでした。(こちらも現在は廃止されています。)

更に凄かったのは、イーバンク銀行も日本で初めてとなる銀行サービスを開始しました。

それがタイトルにある「VISAデビット」です。

VISAデビットとは、世界のVISA加盟店でお買い物ができるのに、使ったお金は保有口座から即座に引き落とされるという、画期的な機能のことです。ようはムダ遣いしないってこと。

しかしこのVISAデビット、つい最近まで他所の銀行は全然やりませんでした。

理由はやはり、日本のキャッシュカードには既に「J-Debit」という機能が付帯していたことが原因かと思われます。

支払い時に「デビットカードで」と伝え、銀行のキャッシュカードを渡します。そして渡したキャッシュカードの暗証番号を入力すれば決済完了。払ったお金は口座から即座に引き落とされ、手数料もかかりません。

こんなに便利なのに、使っている人が意外と少ない気がします。

これは憶測ですが、恐らく「自分のキャッシュカードにそんな機能があるなんて知らなかった!」という理由がほとんどではないでしょうか。

デビットカード機能は知らず知らずのうちにあなたのキャッシュカードに備わっています。

http://jdebit.jp/s/bank/

どうですか、この加盟金融機関の多さ。そしてそれに比例しない利用者の少なさ。

私がかつて利用していた武蔵野銀行も加盟しています。

知っているか知らないかで、1日あたり216円も損してますよ!

話を戻しまして、イーバンク銀行ですが、楽天と業務提携をするにあたりとんでもない制度変更をします。

それが前述のセブン銀行ATM手数料無料の廃止です。

私は別に楽天銀行批判をしたいわけではありません。

キャッシュカードにいつのまにかデビット機能が搭載されていたのと同じで、銀行の制度もいつのまにか変わることがあることをお伝えしたいのです。

このように、制度やサービスは銀行やカード会社の都合でコロコロ変わります。

なので皆さん、今ある銀行をよく知らないままずっと使い続けるのは非常に危険です。

このブログは閉鎖されない限りずっと残していくつもりですが、時々でいいのでGoogleなどで「昔はなんて名前の銀行だったのか」「昔発行していたクレカはどうだったのか」を検索し、常にアンテナを高くしておいて下さい。

私が投稿した記事も、来年にはひっくり返っている可能性があります。(というか絶対変わります。)

自己紹介にしては長い文章でしたが、このブログではみなさんのアンテナを少しでも高い位置に置いてもらえるよう、試行錯誤して書いていきたいと思います。

それでは、改めてよろしくお願いします。

新生銀行の思わぬ落とし穴

こんにちは。ドラゴンコインです。

今日は自己紹介を兼ねた思い出話の続きです。

どの銀行がなぜお得なのかを話す前に、私という人物がいかに形成されたかの話は、割と重要なんじゃないかとの考えで、まだそういった話はしません。あしからず。

 

昨日の記事の通り、私は高校の頃、ATM手数料をケチる惨めな毎日を送っていたのですが、そんな頃ある銀行のCMが目に止まります。

 

 

それが新生銀行です。

f:id:nkdracoin:20180130213255j:plain

クリックしても何も起こりません。アフィリエイト申請中なので…。

 

この銀行、最近はよくネット銀行と勘違いされる方が多く、一部サイトでソニー銀行イオン銀行などと並べて紹介されることがよくありますが、実は全国の主要都市に新生銀行と書かれた建物がしっかり建ってます。

それもそのはず、この銀行はかつて経営破たんした日本長期信用銀行(通称・長銀)が、民事再生後名前を変えて運営している銀行だからです。

(旧長銀を詳しく知りたい方はGoogle先生に聞いて下さい。NHKアーカイブとか色々出てきます。)

 

ではなぜネット銀行と勘違いされるかと言うと、設立当時から今までの銀行ではあり得ない試みをいくつもしていました。

 

1.預金通帳の完全廃止

新生銀行は、店舗はあれども預金通帳はありません。「新生パワーダイレクト」という開設者向けWebページから残高を確認したり、「お取引レポート」なる書類が都度郵送されることにより、日々の利用状況を把握できる仕組みをとっていました。

これにより、利用者の近所に店舗を置く必要がなくなるのです。記帳しに銀行に行かなくて良くなりますからね。

 

2.届出印の事実上廃止

新生銀行は申込時に印鑑を必要としません。当時は非常に珍しい試みでした。

(印鑑レスの銀行は新生銀行以外ではネット銀行くらいですかね。平成が終わるというこのご時世に。)

口座振替依頼書を書くとき、お届け印を押して下さい」と書かれた場所にサインをする必要があるので、当時は「本当にこれで口座振替できるのか…?」という不安に駆られたことをよく覚えています。

ちなみに、口座振替依頼書は銀行宛に送る書類なので当然問題ありません。

また、私のようなチキンのために印鑑による届出もできます

 

3.インターネットバンキングの活用を促す、他行振込手数料の優遇

新生銀行は、口座開設者の利用状況に応じて銀行振込手数料を優遇していました。

f:id:nkdracoin:20180130221842j:plain

クリックしても何も起こりません。画像付きの方が分かり易いと思って載せてるだけなので…。

 

一般ピーポーは月1回・外貨積立などで5回・新生銀行で住宅ローンを組んだら10回と、利用者をステージに分け待遇を変えていました。私もかつてはゴールド会員となるべく使い道のないニュージーランドドルを30万円分口座に入れていました。

金利が良かったので……。)

 

4.ATM利用手数料の完全無料

新生銀行の代名詞とも言えるATM手数料無料は、設立当初からのサービスでした。

ATM手数料無料サービスは今でこそメガバンクや地銀、他のネット銀行でも行っていますが、この当時としては画期的でした。

ちなみにこの記事を書いている2018年1月現在、主要コンビニ・メガバンク・ゆうちょ銀行のATM手数料無制限0円を掲げているのは新生銀行だけです。(ネット銀行含む)

f:id:nkdracoin:20180130221222j:plain

クリックしても何も起こりません。新生銀行へのアクセスはGoogle検索が便利です。

 

いかがでしょうか。ネット銀行について少し興味のある方なら、ネット銀行の主要サービスと結構かぶるところが多いのが分かると思います。そりゃ勘違いもするさ。

というかマイナス金利のこのご時世にATM完全無料とか、経営大丈夫?また破たんするとか言わないよね?

 

 

さて、新生銀行をがっつり宣伝したところで本題の思い出話に戻りたいと思います。

新生銀行は俺にこっそりマージンくれても良いのよ。

 

新生銀行のATM手数料無料CMを見た瞬間、「今すぐこの銀行の口座開く!!!」と思い、ハイテンションでノートパソコンを開き、ホームページを確認しました。

するとそこに衝撃的な文言が書かれていました。

 

 

 

「未成年の方と親権者の方は、同時に口座開設はできません。
 親権者の方の口座開設後に、未成年の方の口座開設申込書をお送りください」

 

 

 

要するに、当時高校生の私が新生銀行の口座を開設するためには、まず親が新生銀行に口座を開く必要があるということです。

 

 

マジかよ・・・・・・。つか無理やろ・・・・・・。

 

 

こんなハードルの高い銀行は信託銀行の一部口座くらいです。いや、厳密に言うと普通預金にこんなハードルを設けている銀行はココくらいです。

 

 

 

この記事をご覧になった新生銀行の役員の方、18歳未満の未成年者に対して間口を広げて頂けますよう、心からお願い申し上げます。

そしてこの記事をご覧になったお父さんお母さん、あなたの大切なお子様を私のような新生銀行難民にさせないため、今すぐ新生銀行ホームページにアクセスし、速やかに口座を開設して下さい。

www.shinseibank.com

 クリックしても私の身に何も起こりません。今のところアフィリエイトじゃありません。

 

 

 

今日のところはここで終わります。

次回も、というかしばらく思い出話になりそうですが、新生銀行難民となった高校生の私が次に選んだ選択肢についてお話ししようと思います。

ではでは。

新規講座開設

初めまして。ドラゴンコインと申します。

このサイトは、おトクな銀行・クレカ・ポイントなど、普段何気なく使っているものを厳選・深掘りし、少しでも充実したマネーライフを送れることを目的に開設されました。

ブログ開設のきっかけは、職場の人に銀行やクレカなど、お得に使える方法を休憩時間中に色々とレクチャーした時に、「そんなに幅広い知識があるならブログで読みたい!」と言われたからです。

とは言え、私も愛読書である雑誌・MONOQLOや、先駆者の方々がネットで書き込んでいる知識をそのまま伝えているだけではあるのですが…。でも、知りたいと言われたら伝えるしかないな!と、勝手な使命感を感じたため、作ってみることにしました。

まあ、物書きは前からそんなに嫌いじゃないですし、何より趣味で書くならお金もかからないですしね。

アフィリエイトなどで銀行のバナーなどがあるサイトはどうも信用ができないというか、金儲けのにおいがするので、どこか一社のサービスに偏ることのないサイトにしていきたいと思いますので、応援のほどよろしくお願いします。

今回は口座開設、もとい講座開設のご挨拶として、私がマネー知識に関して敏感になったきっかけをしようと思います。(とはいえほぼ昔話です)

 

 

ところで……、

あなたが生まれて初めて開設した(利用した)銀行はどこですか?

私が生まれて初めて開設した銀行は、埼玉県にある「武蔵野銀行」でした。

なぜ武蔵野銀行を選んだのか、理由は単純明快。

ひとつは「近所だったから」

そして、もうひとつは「子供だったから」です。

当時は親が自分の子供用の銀行口座を開設させるのは、もはや当たり前になっていました。

なので、親が私のために作ってくれた武蔵野銀行の口座をしばらくの間使っていたのですが…。

私が高校生になった2000年頃、銀行業界に一つの革命が起きます。

それはコンビニATMの登場。当時はファミリーマートイーネットセブンイレブンアイワイバンクという名前のATMが存在しました。(皆さんご存じセブン銀行ATMの前身となるATMですが、当時はイトーヨーカドーの頭文字「IY」をあしらった名前だったのを、どのくらいの人が覚えているでしょうか。)

お金の引き出しをおにぎりを買うついでにできるなんて、なんて便利な時代になったんだと思いました。

しかしそこで大きな障壁が。

そう、ATM利用手数料です。

消費税5%の当時の手数料は、平日の日中で105円、時間外や休日は210円の手数料を、出金のごとに当然のように徴収していました。

この105円・210円が惜しい貧乏高校生の私は、近所で唯一の武蔵野銀行まで自転車をこぐこと10分。しかもそれを平日の午後5時までに完遂させるというミッション。

なんてばからしいことをしているのでしょう。

うちの親は「ATMの操作に手間どってるのはこっちなんだから、手数料を払うのは私じゃなくて銀行だろ」とよく言っていました。

まあさすがにその考えは同意しかねるのですが、ATM手数料がばかばかしいという思いに関しては全くその通りでした。

まあ、誰だって手数料は安い方が良いですよね。

そんなことを思って過ごしていた私は、とある銀行のテレビコマーシャルを目します。その銀行は……。

 

今日のところはこの辺でおしまい。

次回の更新は明日かあさって行います!